引張試験で強度を試す【どこまで耐えられるか実験だ】

作業効率を上げる方法とは

工場

バランサーは、人間に変わって重量物を安定的に移動させる工業用ロボットの名称です。バランサーを利用することによって作業者にかかる負担を軽減することができるようになるため、作業の安全性や効率性をアップさせることができます。

素材の強度を調べる試験

エラストマー成型を依頼したい方はこちらまで!熟練の職人による高品質な成型を提供している業者です。低価格で依頼できるのでオススメですよ。

具体的な試験方法

電子テク

安全に使用できる頑丈な商品を作るためには、形状に工夫を凝らすことも大事ですが、強度の高い素材を使うことも重要となります。そして、その強度を調べるためにおこなわれている試験が、引張試験です。引張試験は文字通り、素材を引っ張ることでおこなわれます。そしてこれには、対象となる素材で作られた試験片が使われます。試験片には色々な形状のものがあるのですが、引張試験には主に、竪杵のように中心部分がくびれていて、両端が出っ張っている形状の試験片が使われます。この出っ張りの部分を専用のマシンに固定し、片方に力を加えて引っ張るのです。下方向に引っ張ることも、違う方向にねじれるように引っ張ることも可能です。これにより、試験片が歪んだり千切れたりする様子を見ることで、強度を確認するわけです。

安全性とメーカーの評価

先述したように試験片の形状は複数ありますが、どの形状のものでも、一定の規格に従って作られています。したがってどのメーカーが引張試験をおこなう場合でも、基本的には同じ試験片が使われることになっています。これにより、引張試験の結果は公正なものとなります。つまりメーカーが良い試験結果を出すために、とりわけ頑丈に作った独自の試験片で引張試験をするといったことがないわけです。公正な引張試験により強度が確認された素材で作られた商品は、安全性が高いと言えます。間違った使い方で極端に負荷を与えるようなことをしなければ、安全に使い続けることができるのです。そのため消費者は安心して購入できますし、それがメーカーの評価を高めていくことにもつながります。

繊細な機材

電子テク

マイクロスコープとは専門的な現場で使われることが多いため、どういった点に注意して購入した方がいいか把握していない人も多いでしょう。しかし、マイクロスコープは繊細な機材なので、しっかりと下調べをしてからいい機材を購入する必要があります。

直感的な操作パネル

工場

タッチパネルモニターは年々高性能化、小型化が進んでいる製品です。現在多くの携帯端末においてタッチパネルモニターが搭載される事が当たり前のようになりました。病院や公的機関などにおいても受付機器などでタッチパネルが活用され、ユーザーの利便性が高まっています。