引張試験で強度を試す【どこまで耐えられるか実験だ】

直感的な操作パネル

モニターにて直接操作

工場

タッチパネルモニターは画面をタッチする事で、マウス不要でパソコン操作を行う事ができるデバイスです。以前は組み込み機器のみに限られて活用されている事が一般的でした。しかし近年では液晶パネルの低価格化などによってタッチパネルモニターは病院やセルフ式がガソリンスタンドなどにおいても活用されるようになりました。タッチパネルモニターは液晶ディスプレイの画面上に、薄いビニール皮膜が張られています。このビニール皮膜はタッチセンサーとなっており、皮膜に触れた部分が液晶画面の縦横軸の座標と一致している仕組みになっています。そのため、あたかもパソコンのマウスを活用しながら画面上のポインターを操作をしている様な感覚で、機器の操作をする事ができます。お年寄りや子供、女性にとっても手軽に操作を行う事ができるデバイスです。

快適な操作パネル

タッチパネルモニターの価格は年々下落傾向にありますが、クオリティーはかつて販売されていた機種よりも高性能な製品が販売されるようになりました。近年では液晶パネルの高解像度化にが進んでいる事から、併せてタッチパネルのセンサーも高感度になってきています。そのため、最近のタッチパネルモニターでは正確なタッチを行う事ができるようになっています。また小型のタッチパネルモニターが発売されるようになってからは、スマートフォンやタブレット端末などの小型情報機器にも多く取り入れて活用される機会が増えました。スマートフォンでは小型のコンピューターが機器内に内蔵されているためインターネットのブラウジングも高速な処理での活用ができるようになっており、年々利便性が向上してきています。今後もより高解像度な製品が開発され登場すると予想されています。